ランキング2題。

ROBOTブログによると、「K-20」DVD売上ランキングが通常版7位、豪華版8位だそうです。
やっぱり通常版を買うのねぇ。
実質千円程の差なら、豪華版でしょう普通…。
ブログのコメントによれば自分用に豪華版、プレゼントに通常版という方がいたので、
それもこの順位の理由かな?
「崖の上のポニョ」とぶつからないで良かったと、つくづく思います。
私はたぶん「ポニョ」は買わないだろうけど…。

ランキングといえば、「あんた、出すぎ!」グランプリ2008の正式発表がありました。
興行成績がどうのとか、評判がどうとかの一切のしがらみめいたものが無い、
純粋に何本の作品に出ていたというのが対象のランキング。
2008年度は今までの年度とガラリと変っていました。

まず「あんた、出すぎ!」グランプリは、16作品にご出演の光石研さんです(パチパチ~!)
出すぎ!男優賞は14作品の柄本明さん。
出すぎ!女優賞は新人賞とW受賞!12作品の長澤奈央さん。

主役張りすぎ男優賞は4作品で香川照之さんと阿部寛さんのお二人。
主役張りすぎ女優賞は3作品、夏帆さんと小泉今日子さん。

出すぎ!外国人俳優賞は6作品でナタリー・ポートマンさん。
出すぎ!シニア俳優賞は5作品で吉行和子さん。

特別賞は9作品の故・峰岸徹さん。

各部門は以上です。
ちなみに國村さんは8作品で22位でした(^^ゞ
光石さん凄いですね~國村さんの倍でおます。
例のが公開されていたら、グ~ンとランキングが上がったんですけどね(笑)
まぁ國村さんの役柄は重要度が違うので、出演作品数だけではわからないものがありますけどね(^^ゞ
2009年度の集計がもう始まっています。
國村さんは今の時点で2作品で136位(暫定)
「脱獄王」とか「てぃだかんかん」は公開されていないので入っていません。
昨年の8作品くらい、出演はあるのでしょうか。
今年はドラマづいているので、少なめかな?

他の詳細についてはこちら。
→http://www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie_desugi_2008.html
他の記事も面白いですよ!

スポンサーサイト

石川遼選手とかお馬ちゃんとか劔岳とか色々です。

「ミズノオープンよみうりクラシック」で石川遼選手が今季初優勝!
もう“ハニカミ王子”なんて呼び名は遠い昔の様です。
ちなみに金亨成(韓国)選手は“スマイル・キング”とかって呼ばれてるそうな…。
どこでも好きやね、こういう呼び方(笑)
石川遼選手
私は石川選手が首位に立ったとかのニュースは知っていたが、宝塚記念を見ていて、もうすぐ始まるよ!と、父に教えに行こうかな?なんて思っていたときに「入った~!」と父が叫んだのだ。
何が入ったんや?と父の所に行くとあの16番のチップインイーグルを見ていたのでした。

チップインも凄~いのだが、その時着ていた石川選手のウェアがまた凄かった。
“白タキ”の板尾さんと並んで立っててほしいような上下真っ赤のウェア(笑)
最終日に着る勝負服らしいが、それにしても赤い!
出来ればサンバイザーやシューズなどの小物も、赤に揃えてくれれば完ぺきである!

それからいつも書いているが、石川選手がまだ未成年なので安心だけど、
和田アキ子さんは絶対彼に、かかわらないでほしいなぁ。
某航空会社のCMに出てるのを見ただけでゾッとしたぞ!

ところで宝塚記念ですが、一番人気だったディープスカイがまさかの3着!
まぁ馬券は買ってないので、別に何が来てもいいんだけどね(^^ゞ
ディープと聞くと、私の大好きなディープインパクトちゃんを思い出してしまうので、
つい応援してしまうのだ。
まぁね、騎手のお名前が四位さんだからね(関係ないか!)

公開して10日経った「劔岳 点の記」
いまだに宣伝活動に余念がない。
王様のブランチでも木村監督や浅野さん、香川さんらが楽しげにインタビューに答えていた。
初日の舞台挨拶の様子や少しテイストを変えた予告編も流された。

ところで前にも書いたが、ここのスタッフが予告編等の編集しているのかは定かじゃないが、
絶対に國村さん好きだぞ~!
前にやっていた「K-20」DVDの紹介映像も國村さんがメインの編集だったし、今回の予告編も全篇國村さんである!
TBSに貢献しているから?「あんどーなつ」とか…。
「こち亀」にもゲストだし。
もしかして「あんどーなつ2」とか、あるのかな?
「こち亀」のプレサイトオープン前の速報サイトというのが出来ていますよ!
→http://www.tbs.co.jp/kochikame/index-j.html
収録現場の見学ツアーの募集なんてのもあり!
掲示板も開設されています。
もう既にたくさんの方々が書き込まれていますよ。
私はまだ書いていませんが…。
見なきゃどうにも書きようがありませんからね。
國村さんの役名はわかっていても役柄がわからない(^^ゞ
「親父の一番長い日」には始まる前と見た感想を書き込みましたけどね~。

最後にこっそりと…。
昨日の28日は亡くなった母の誕生日でした。
享年というのが数えなので、先に一歳年をとってしまった母。
73歳なのに74歳と書かれてさぞ嫌だったでしょう…。
まぁ聞こえてるかどうかはわかりませんが、一応お仏壇におめでとうって言っときました!
ちなみに今日29日は弟の誕生日。
なんと星座から干支から母と同じ!違うのは血液型だけなのさ!
弟本人は野村監督と同じ誕生日だと言うと「ゲ~ッ!」と言います!
母は藤原紀香さんと同じだということを、微妙に感じていたみたい(笑)
まぁほんの戯言です…。

金スマ・河瀬直美監督特集。國村さん登場!

26日の金スマは河瀬直美監督の特集だった。
「萌の朱雀」の裏話でも出てくるかな?と録画していたが、なんと國村さんの登場である。

涼しげな着物姿で登場の監督。
世間には疎いらしく、ベッキーさんのことを知らなかった(笑)
「そこそこ売れてるんですよ」中居さんのフォローにもキョトンな監督(^^ゞ

監督の波乱万丈の生い立ちを紹介しながら、大阪写真専門学校に入って、映画作りを始めるまでが前半部。
自主製作映画で自身の生みの父親を捜す件は、あまりに淡々としている。
今の河瀬監督の原点のような作品だ。
この「につつまれて」は高評価を受けたという。
2作目「かたつもり」を経て3作目の「萌の朱雀」へと進んでいく。
舞台を生まれ育った奈良に決め、地元の人々の暮らしを直に感じるために空き家に住み、
出来合いの作物は出したくないと、畑を作る。
出演者はすべて演技が初めてだという素人ばかり。
本物の家族に見せるため、共同生活をしたという。

ここで國村さんの登場!
“作品中唯一のプロの俳優の國村氏が当時の事を振り返る”と紹介。
萌の朱雀
時間は短めですが、身振り手振りを交えて実に熱く語ってらっしゃいました。
「みんな合宿生活をしているわけです。
スタッフも、その…役者たちも。
ホントに家族の様に一軒家を借りて、そこでもう…ホントに共同生活してるんですね。
結果、それがいちばん良かったのは、「お父さん」って言う時の子供の目ってあるじゃないですか。
それが僕に対して、あっ…僕が何かをするんじゃなくって、
僕らの中…彼らが僕を見る目の中に、その…父親っていう…に近い?ものを、
イメージとして僕を見てくれれば、ワンフレームの中にツーショットになっても、
質感を…違和感無くなったんですよ…ええ!」

(國村さんの仰ったことを再現したので、文章的には変なところもありますが、そのまま書いてますので悪しからず)
金スマ
金スマ
國村さんの手がきれいだということはファン仲間内でも評判!(まぁ一部ですけど・笑)
このインタビューでも実に手がよく映りました~!
You Tubeに映像をUPしようと思いましたが、それはあまりにえらいことになっちゃいそうなのでやめました(^^ゞ
写真でもまずいんですよね…。

これでカンヌのカメラドールを受賞した監督ですが、その後は鳴かず飛ばずに…。
ドキュメンタリータッチの作品は、日本では受け入れられにくいのです。
いくら良い作品でも興行成績が悪ければそれっきりなのです。
こういうところが日本の悪いところ。
「おくりびと」だって、海外で評価されてから手のひらを返したようになりましたからね。

それにもめげずに監督は作品を作り続ける…。
そして「殯の森」で再びカンヌ受賞!グランプリです。
後半は打って変わってアクティブな監督の素の姿に迫っていきます。
高校時代はバスケットボールで国体にも出たそうで、その当時の仲間などでママさんバスケ部を結成。
練習では密着ロケの駒田アナは完全にへばってしまったのに、監督はけろっとしていました(笑)
その後は今撮影中の作品のキャスト陣や家族で銭湯へ…。
仕切りから男湯を覗いている監督がお茶目でした。

理解してくれる旦那さんやかわいいお子さん、今はちょっと痴呆気味だけど優しい、育ての親のおばあちゃんに囲まれて、幸せそうな監督の笑顔で番組は終わりました。

二人の訃報・・・ショックです!

以前からパソコンがフリーズしがちで困ってるんだよ~!なんて話していたら、
弟がプレゼントしてくれました。
富士通ビブロの、ブルーレイも観られるルビーレッドの憎いやつ!
今データのお引越し中なので、古い方のでこれを書いています。
果たしてネットに無事繋がるか乞うご期待(笑)

とにかく4年ほどでこうも良くなったかというような、液晶の綺麗さにビックリ!
本当はもう少しこのXPを使っていたかったんだけど…。
もうすぐ生産中止だというし、まだいけるうちにバトンタッチになってしまいました。
この子がいたから、今の私の生活があるといっても過言ではない。
ブログなんてとんでもない話だったし、國村さんのファンサイトに行ったら、色んなお友達が出来、様々な恩恵に与ってもいる。

ネットに繋がらなかったら、このこの活躍は続く(笑)
明日はどっちだ!?

朝からファラ・フォーセットさんが亡くなったと聞いたと思ったら、なんとマイケル・ジャクソンさんまで!
全くなんて日…。
「とくダネ!」は放送時間をほとんどこの訃報に充てていた。
小倉さんやデーブさんは熱く語っていたが、
中野アナは年代的にぎりぎりなのできょとんとしていた。
この温度差は凄い。
夜にも特番が組まれていた。
なぜかまた中野アナが出演。
妙に醒めた顔が可笑しい…。
スリラーの完全版が冒頭に流れた。
ここでも語る小倉さん。
黒人のMVが流れるようになった最初は、マイケルなんだよ!
今じゃ当たり前だけど、やはり彼は凄いんだ!
私がよく聴いていたのは、BADくらいまでか。
ポール・マッカートニーと歌っていたのを観たのが最後くらいかな?
あっパチンコでCRマイケル・ジャクソンをやった事があったなぁ…。
You Tubeにスリラー、BAD、ビリー・ジーンが入っている。
今日はこれを聞きながら寝ますか…。

ファラ・フォーセットさん…62歳になってた事にまずビックリ。
そりゃそうか。
「チャーリーズ・エンジェル」も30年以上の作品だからなぁ。
ちなみに私は、サブリナ・ダンカンさんが理知的で好きでした。
フォーセットのあとに、メジャーズがないとなんか足りない感じ。
ところで元夫のリー・メジャーズさんってまだご健在でしたっけ?

…またくだらない事を書いてしまった。
お二人のご冥福をお祈り申し上げます。

和歌山ロケドラマとか、WOWOWとか「てぃだかんかん」とか。

関ジャニ
和歌山のタブロイド情報誌にこんな記事がありました。
関西テレビ制作の「未来は僕らの手の中(仮)」という作品。
SF的で、人生をやり直せるポラロイドカメラを使って、ある人物を助けに過去へ…という話。
最近、オールロケという作品が徐々に増えてきて嬉しい。
なんか「彼岸島」という漫画原作の映画ロケも友ヶ島であったらしいし。
今までの実績が載っています。
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/fc/top.htm
知らないうちに…結構あるんだとビックリしました。
まぁ京都とかには圧倒的に負けてるけど(笑)
今回のロケ地はマニアックというか…。
地元民は楽しみである。
関西ローカルかな?
7月9日深夜1:20~が前編、16日深夜1:05~が後編で、なんとメイキング(23日)もあるそうだ!
関ジャニJr.の人気の程は知らないけれど、ちょっと見たくなった。
面白そうなストーリーだしね。

こちらはメジャーなドラマ。
WOWOWのドラマW「誘拐」
『警察を翻弄する頭脳派誘拐犯を務めるのは、連続ドラマW第1弾「パンドラ」の主演・三上博史。犯人を追跡する刑事役に、各方面で活躍中の西島秀俊。そして、現職総理大臣役には、名優・石坂浩二と実力派のキャストが集結。3つの視点からドラマを展開する。また、監督は「アンフェア」「パンドラ」などドラマ・映画を問わず幅広いジャンルのヒット作品を世に送りだしてきた小林義則と、最高のキャストとスタッフで映像化する。』(番組サイトより)

なぜ國村さんがいないの~?(T_T)
他のキャストの面々、中越典子さん、渡辺いっけいさん、和田聰宏さん、三吉彩花さん等を見ても、なぜ國村さんが出てないの~?であります。
お忙しいのはわかるし、こういう作品に全部出ていてはキリがないとは思うけど、な~んか○○を入れないコーヒーなんて…な感じ。
まぁ来年に期待といきますか!
年に一回はWOWOWへ!なのだ。

さて「てぃだかんかん」でロケ中らしい國村さん。
かりんさんがまた、素敵なお写真が載っているサイトを教えてくださいました。
→http://star.ap.teacup.com/applet/k-taka/archive?b=5
沖縄を中心に活動している劇団の女優さん、幸地尚子(こうちたかこ)さんのブログ。
美人さんにぴったりくっついて、デレ~な感じの國村さん(笑)
漁業組合長の役なのでアロハなのかな?
珍しくネックレスまでしてバッチリ“うみんちゅ~”の印象です。

オールナイトニッポンで、岡村さんが色々撮影裏話をしてくれました。
全部言いたいけど言えないもどかしさを感じてしまいます。
ロケは5月半ばから行なわれているそうで、ラジオやテレビの仕事をやりくりしながら、連日続いているそうです。
昨日行った時は気温35度以上!(ひえ~!)

新聞などではコメディーは封印か?なんて書かれていましたが、決してそんな事は無いようで。
ただ方言が難しくて、アドリブまでとても余裕が無かったそうです。
ちょっとだけ余裕が出てきたのは最近で、いつもニコニコしている役柄を研究出来ているそう。
そして他の俳優さんたちの演技の良し悪しを、理解出来るようにもなったそうです。
危険な岡村さんならではのアクションシーンもあるようですが。
(テストしたスタッフが、故障した事を頑なに隠してやらせようとしているらしい・笑)
主演俳優・岡村隆史を満喫しているようで、聴いていて楽しくなっちゃいました。

國村さんの事に触れてくれないのは残念。
國村さんも方言に苦労してらっしゃるのかな?
その内色々わかっていくでしょう。
めちゃイケで、絶対何かやると思う。
来年公開なので、ちょこちょこ小出しでね…!


プロフィール

おいちん

Author:おいちん
FC2ブログへようこそ!
基本的にどんなことでも書いていますが、
俳優の國村隼さん、戯れ言、ペット関係のことを書いていきます。

カウントダウン
國村隼さまテレビ出演情報
OKかけじく
ハロー張りネズミ
2017年7月14日から
DESTINY 鎌倉物語
2017年12月9日全国公開
ジョジョの奇妙な冒険
2017年夏公開
追捕~MANHUNT
2018年日本公開予定
鋼の錬金術師
2017年12月1日ロードショー
忍びの国
2017年7月1日公開
東京喰種-トーキョーグール
2017年夏公開予定
探偵はBARにいる3
2017年12月1日公開
三谷幸喜作・演出「子供の事情」
2017年7月8日から
フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター1
現在の閲覧者数:
FC2カウンター2
リンク
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2ブログ★ランキング
よかったら画像のクリックを!
blogram
投票ボタン
blogram投票ボタン
Amazon
ランキング
Twitter
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア