眠~い!だから寝る。

9月もあと1日ですね。
なのにぶり返したように蒸し暑い。
そして私は眠い…です。

今日は短いぞ~!
「ザ・テレビジョン」によると「カーネーション」での國村さんの登場は、5週目になるようです。

「NHKステラ」もそろそろ買っていかないとね。
ガイドブックも出たよ!
…以上!

連続テレビ小説 カーネーション (NHKドラマ・ガイド)連続テレビ小説 カーネーション (NHKドラマ・ガイド)
(2011/09/26)
NHK出版、 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

やれやれ…。

ファン友さんが「朱雀家の滅亡」を何回観た~!なんつってる時に、一人我が道を行くおいちんは哀川翔さんの作品を買ってしまいました~!
ちょっと前にファン友・ポケタン様がブログに書いて下さっていて、出会う機会があれば欲しいな~などと思っていたら会ってしまったわけで…。

DVDが「すてごろ・梶原三兄弟激動昭和史」と「勝手にしやがれ!!強奪計画」
画像 006
先に「すてごろ」を見ました。
梶原一騎氏の没後17回忌を記念して、弟の真樹日佐夫氏が製作した作品です。
話として、とてもよく出来ていて面白かったです。
戦後史や風俗を交えた演出も、タイムシークエンスがわかって良かったです。

國村さんの役は少年マガジンの編集者で、梶原氏に連載の原作を依頼に来た内田さん。
快諾でホッとした表情。
画像 007
「巨人の星」誕生の瞬間に立ち会った人です。
画像 008
國村さんは編集者として何ら違和感は無いですが、違和感ありありなのが同じマガジンの編集長の役の内田裕也さん。
いくら恐れられている編集者の役でも、あの髪形はあり得ない。(笑)
のちに週刊現代の編集長になっていますがやはり同じ風貌。
2003年の作品ですが、鬼籍に入ってしまった人もちらほら…。
寂しいですね。

「勝手にしやがれ!!」はよくわからない作品。
七瀬なつみさんのしたたかさだけが目に付いてしまって…。
國村さんの役は、こちらの方が面白かったです。
画像 009
登場シーン…怖~!
クラブのすだれかなんかの陰でじーっと見てる…。

続きを読む

ぼちぼち書いてます。

アラートで来た「朱雀家の滅亡」の情報。
『雪パンダさんのブログ』です。
http://ameblo.jp/ken9wan/entry-11027674479.html
この方、関西方面にお住まいの方みたいですが、実にたくさんの演劇舞台を観ていらっしゃる!
アメーバでブログという事は、そっち側の方なのか?

私もファン友さんに送っていただき鑑賞した公演プログラムに、ばっちりサインを貰ってらっしゃいます。
それも全キャスト\(◎o◎)/!
他の公演の時にも貰っておられるようなので、楽屋に入れちゃう人?
それともじっと出待ちの人?

我がファン友さん達は控えめな方がほとんどなので、プログラムをこういう風に活用する事は無いかな?
何度も鑑賞の方は、お顔を覚えてもらっているかもなので、是非実践していただきたいものです(^^ゞ


「カーネーション」もうすぐですね~!
プレマップも連日放送で、否が応でも気分が高まります。
國村さんが登場なのはまだ先の話ですけどね(笑)

「やって来た!だんじり編」はタイトルが凝っています。
黒地に白文字がドーン!
バックの音楽や効果音も怖い感じ。
さながら「仁義なき戦い」であります。
画像 001

画像 002
赤文字部分はもっと赤いです。
画像 003

画像 004
まぁ始まれば爽やかな内容なんですがね(^^ゞ

もうプレマップも出尽くしたと思った昨日、新しいバージョンが出ました。
画像 005
内容を紹介する歌を、尾野真千子さんと二宮星ちゃんが可愛く歌っています。
このためにわざわざ歌ったのかな?
始まれば会う事は無いだろう二人の、貴重なデュエットです。

椎名林檎さんの主題歌も流れました。
ハープなどの弦楽器の旋律も美しい、スローバラードです。
(冒頭部分だけなので後半は変化するかもしれませんが…)

2日には「カーネーションセレクション」という番組もあります。
まだ放送前なのに、セレクションとはこれいかに(笑)

さや侍DVD&Blu-ray発売決定!

もうそろそろかなと思っていたら、11月5日に発売決定です!
「さや侍」Blu-rayとDVD同時発売。
※特典詳細はこちら。
http://www.sayazamurai.com/dvd/dvd.html

特典映像50分。
未公開の業やメイキング、インタビュー、各種イベントやロカルノ映画祭の舞台裏など。
色んな映像てんこ盛り\(^o^)/
國村さんの映像もあるかな?

200ページのブックレットも付いて初回限定盤はBlu-rayで5000円弱。
「脱獄王」もそうですが、吉本関連の映像モノはお安くてありがたいですね。

さや侍 [Blu-ray]さや侍 [Blu-ray]
(2011/11/05)
野見隆明、熊田聖亜 他

商品詳細を見る

感想の感想は感想なのだ。

「朱雀家の滅亡」
ファン友さんの中にも、既に複数回ご覧になっている方が増えて来ました。
ご覧になるたびに新しい発見があるそうです。
そういう舞台って本当に良い舞台なんでしょうね~。

へそ曲がりの血が騒ぎ出した私としては、國村さん贔屓連以外の観劇者の感想も知りたくて方々で拝読して来ました。
http://blog.goo.ne.jp/eno1102/e/98402d09df1c48a89349c4515f20a328
↑この方は三島由紀夫の生き方・思想を絡めて批評を書かれています。
今、なぜ三島なのかと自問自答されていますが、舞台の事は好意的に観てくださっています。
ファンとしては嬉しい御意見も…。

朱雀経隆を演じたのは國村隼(くにむら・じゅん)。圧倒的な存在感だった。あとの4人の役者も素晴らしかったが、他の役者が演じたら、また別の味が出たかもしれない。けれども朱雀経隆だけは國村隼でなければならないと感じた。
(Enoの音楽日記様より引用)
國村さんが聞かれたら一番嬉しいお言葉じゃないでしょうか。
苦労が報われると思います。

http://plaza.rakuten.co.jp/nekonami/diary/201109200000/
↑この方は三島の美しい言葉の表現の渦に溺れてしまったようです。
たぶん、三島の美しい言葉を、きっちりセリフに乗せて語れる役者だったからこそ、そう感じたんでしょうね。國村隼はさすがな感じ。
(猫並生活様より引用)
↑この方も國村さんを絶賛してくださっています。
かなりの作品をご覧になっている方のようで、そういう方が好意的なのは嬉しいですよね。

http://hamlet1962.at.webry.info/201109/article_1.html
↑この方の論評は素晴らしいです。
私が褒めるっていうのも失礼な話ですが…。
ファン友・パイナップルさんと同じ時間を過ごされた方です。
読んでいただければあまりにも納得の御意見。
思いっきり合格点を下さっています。
俳優陣は,それぞれ気品があり,とてもよく戯曲の雰囲気にあっていました.特に主役の國村隼は,普段,庶民的頑固おやじのイメージが強いだけに,この戯曲にそった素晴らしい役作りをしたと思います
(人生は演劇,世界は舞台~小菅隼人のブログ様より引用)
またまたお褒めくださっています(^^ゞ
我が事のように嬉しい~♪

http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2011/0924103427.html#more
↑この方はプロのライターさんかしら?
先日の三作品合同記者会見の、お写真付きルポも書かれているのでたぶんそうでしょう。
ちょっと目の付けどころが違うのが興味深い。
セットのダイニングテーブルの秘密…気が付いた方は居られるかしら?
ファン友さんは優秀なのでもちろんですよね(^^ゞ

そしてやっぱり國村さんを絶賛です。
何もしない”朱雀侯爵役の國村隼さんが素晴らしかった~。何もしないことを選び、周囲が何を言おうと、どうなろうと、それを実行するのは簡単に言うと頑固です。國村さんは柔らかなたたずまいをキープしつつ、その元にある意志が決して揺らがないことをあらわされていました。現代の女性である私からすると「バカ!ひどいよ!」と言いたくなる気持ちにもなったのですが、ある世界が崩壊する時に、その世界とともに生きて、ともに滅ぶと決めて添い遂げる姿には、「私ごときには敵わないな」と、首を垂れるしかありません。
(しのぶの演劇レビュー様より引用)

http://engekilife.com/play/20370/review/24125
香寿たつきさんを女優にしたと絶賛してらっしゃるのは「演劇ライフ」に感想を寄せているTOMさん。
こういう意見も参考になります。

http://thestage.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/920-8147.html
↑この方はやや手厳しい御意見。
私のようなへそ曲がり気質のようです(笑)
素直に観れば良いじゃんと思いますが、わからなくもない(^^ゞ
セットとライティングは褒めていましたよ。

全体的に見てもいい舞台なのがわかります。
何回もご覧になるのもわかるなぁ(^^ゞ
あるファン友さんに無理なお願いをして、購入してもらったプログラムを送っていただきました。
まだ届いていないけど楽しみ~。

お付き合いのあるファン友さんは、皆さん鑑賞済みか鑑賞予定。
なんだ…?私だけじゃん観てないのは(≡д≡) ガーン
笑うっきゃないヾ(>▽<)oきゃはははっ!…ふぅ。
まぁ自分で出来る範囲の応援で良いじゃん!と、諦め気分で我が身を慰めてみたぞい。…ふぅぅ。
プロフィール

おいちん

Author:おいちん
FC2ブログへようこそ!
基本的にどんなことでも書いていますが、
俳優の國村隼さん、戯れ言、ペット関係のことを書いていきます。

カウントダウン
國村隼さまテレビ出演情報
OKかけじく
そして誰もいなくなった
2017年3月25日・26日2夜放送
破門 ふたりのヤクビョーガミ
2017年1月28日全国公開
シン・ゴジラ
2016年7月29日公開
ジョジョの奇妙な冒険
2017年夏公開
追捕~MANHUNT
2018年日本公開予定
哭声/コクソン(日本版)
2017年3月11日公開
곡성 (gok-seong)The Wailing
2016/05/12韓国公開 カンヌ・非コンペティション部門
LE COEUR RÉGULIER
ベルギー・カナダ合作 日本公開は未定?
鋼の錬金術師
2017年冬全国ロードショー
忍びの国
2017年夏公開予定
舞台・ハムレット
2017年4月9日から
東京喰種-トーキョーグール
2017年夏公開予定
フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター1
現在の閲覧者数:
FC2カウンター2
リンク
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2ブログ★ランキング
よかったら画像のクリックを!
blogram
投票ボタン
blogram投票ボタン
Amazon
ランキング
Twitter
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア